【期間工の履歴書&志望動機】- fiba

工場や期間工をやってきた経験をもとに、履歴書に書ける内定フィーバーできる志望動機を考えました。倍率高い期間工の内定もらうなら、履歴書が重要。

【迷ったら読もう】工場へ応募する際の履歴書の書き方の基本のキ~参考例文付き

これから工場で働きたいという方が求人に応募する際の、基本的な履歴書の書き方を実際の参考例を交えて解説いたします。

工場で働く際の履歴書だから、あまり履歴書の内容は細かく見られないだろうと考える人もいるかもしれませんが、工場での採用の際に、応募者を判断する重要な情報の一つなので、最低限、常識的な書き方をしていなければ、不合格の確率が高まってしまいます。

そうならない為にも、基本的な書き方を押さえて工場の面接担当者に好感度を与える履歴書を作成しましょう。


工場へ応募する際の履歴書の書き方~基本編


工場の仕事に応募する際の履歴書の書き方、まずは基本中の基本の部分を解説いたします。

履歴書の書き方の基本


・黒のボールペンで書く
・事前に下書きで練習してから書く
・ゆっくりと丁寧な字で書く
・誤字・脱字があった場合、修正液は絶対に使わず書き直す。
・志望動機などの記入欄には、応募する工場で働きたいことが伝わる文章を書く。

履歴書上部の書き方


履歴書上部には氏名、生年月日、年齢、性別、住所、連絡先を記入する欄があります。
氏名や住所の上にはふりがなを記入する欄がありますが、この「ふりがな」の文字がひらがなだった場合、ふりがなはひらがなで書きます。そして「フリガナ」の文字が片仮名だった場合、ふりがなをカタカナで書きましょう。

そして年齢を記載する欄に関しては、誕生日を迎えた時点の年齢を記載します。その為、履歴書の上部に記載されている「平成●●年●●月●●日現在」の日付時点での年齢を記入しましょう。


工場へ応募する際の履歴書の書き方~バイト編


基本的に、アルバイトで工場のお仕事に応募する場合と、契約社員(期間工)で工場のお仕事に応募する場合で履歴書の書き方で大きく違いはありませんが、履歴書には正社員の経験を書く欄が豊富な「JIS規格タイプ」の履歴書と「パート・アルバイト用」というアルバイトの募集向けの履歴書があります。

職歴がアルバイト経験も含めてあまり無いという人にとっては、通常の履歴書のフォーマットに記入した場合、職歴欄が空白だらけで目立ってしまいます。その為、あまり職歴が無いという人の場合、「パート・アルバイト用」の履歴書を購入することをオススメします。

そして最近では履歴書が作成出来るサイトもあり、履歴書のフォーマットも色々ありますので、職歴をアピールしたい人は「JIS規格タイプ」や「ノーマルタイプ」「ワイドタイプ」がオススメです。


JIS規格タイプ
大枠で文字が書きやすく、健康状態欄がない等の特徴を持ちます。
※B4タイプはプリント時"用紙に合わせる"ことでA4縮小プリント可能です。

ノーマルタイプ
左に学歴職歴/右に資格免許の記入欄。

ワイドタイプ
左右の欄が連続する自由度の高い記入欄

参照:履歴書作成メニュー



工場へ応募する際の履歴書の書き方~職歴編


職歴欄には、入社年月日と、退職年月日をそれぞれ記載していきます。書き方としては、以下の通りです。

  年 月  学歴・職歴
平成28 4 株式会社〇〇 入社
平成29 2 株式会社〇〇 退社

工場へ応募する際、職歴が少なくて空欄が多い場合には、入社、退社の間に、その仕事で経験した業務内容や部署名などを履歴書に細かく事をオススメします。

職歴欄の書き方



正社員、アルバイト、パート、派遣のそれぞれの書き方

<正社員の場合>
職歴
平成16 4 株式会社〇〇自動車 入社
人事部に配属。採用、社員研修に従事
平成21 11 株式会社〇〇自動車 退職

<アルバイトの場合>
職歴
平成16 4 株式会社〇〇バーガー 入社(アルバイト)
ハンバーガーの調理、販売に従事
平成21 11 株式会社〇〇バーガー 退職

<パートの場合>
職歴
平成16 4 株式会社△△スーパー 入社(パート)
レジ、商品補充、発注業務に従事
平成21 11 株式会社△△スーパー 退職

<派遣の場合>
職歴
平成16 4 派遣会社Aに派遣スタッフとして登録
株式会社○○製造に勤務
貿易事務、海外からのメール対応に従事
平成21 11 株式会社○○製造 派遣契約終了

参照:アルバイトの職歴・自己PR 例文集


履歴書に記載する経歴に関しては、正社員の職歴だけ記載するという話を聞いたことがある人も多いと思いますが、工場のお仕事に応募する場合には、アルバイトやパートなど、正社員の職歴以外でも記載して問題ありません。

免許・資格欄の書き方


履歴書を書く場合、持っている免許や資格については、直接工場のお仕事に関係のない免許、資格だったとしても必ず記入しましょう。また、記入する際の名称は、略さずに正式名称で書きましょう。


工場へ応募する際の履歴書の書き方~志望動機編


工場の募集の際に、履歴書の中に志望動機という欄があります。ここには、なぜこの仕事を希望しているのか?どういう理由で応募しようと思ったのか?を書く欄になります。

ここで履歴書の志望動機の書き方の具体例ですが、昔は「貴社の将来性に惹かれて」とか「貴社の社風に魅力を感じて」という抽象的な書き方では、面接でその理由を突っ込まれたり、自分の言葉で話していないとみなされる可能性があります。

そのため、工場の仕事のどんなところに惹かれたのか、その会社のどういう部分が他の会社より良いと感じたのかをきちんと伝えられるように、しっかりと応募理由を考えましょう。単純に条件面だったとしても、その理由を明確に伝えられるかどうかが重要なのです。


工場へ応募する際の履歴書の送り方~封筒の宛名・書き方編


工場に履歴書を郵送にて送って応募する場合があります。その場合、工場宛に封筒で履歴書を送るのですが、そこに書かなければいけない内容は以下の通りです。

【表面】
・工場の郵便番号
・工場の住所
・工場の会社名
・履歴書送付先担当者名(無ければ「採用ご担当者様」でも可)

【裏面】
・自分の住所
・自分の名前

A4の縦型の封筒の表面の右上に郵便番号、右側に工場の住所が来ます。
そしてA4の縦型の封筒の中央に工場の会社名を記載し、担当者名のあとに必ず「様」をつけます。

会社宛、または採用担当宛であれば「採用担当御中」となりますが、「採用担当者」となれば人物宛なので「採用担当者様」になります。「採用担当者様 御中」というように、様と御中は併記しません。

また「殿」は目上の方が目下の人に使う言葉なのでご注意ください。


工場へ応募する際の履歴書の書き方の基本~まとめ~


最近では、工場のお仕事に応募する際に、メール応募、または郵送応募ということで履歴書を作成し、事前に採用担当者宛に提出する会社も少なくありません。

事前に履歴書を提出する応募方法の募集の場合、面接以前に履歴書の書類選考で合否が決まってしまいます。その為、工場へ応募する際は、今回ご紹介した「履歴書の書き方の基本のキ」をきちんとおさえ、採用担当者が会いたいと思うような履歴書を作成しましょう。

その為の熱意を伝えるためには志望動機の欄が一番重要ですので、きちんと応募する会社の情報をホームページなどで事前に確認し、具体的な理由を自分の言葉で書くことが重要です。

また、履歴書が空欄だらけだと目立ちますので、職歴がいっぱいあってそこをアピールしたいという人は「JIS規格タイプ」の履歴書を利用し、あまり職歴は自信が無いという人は「パート・アルバイト用」の履歴書を利用することで履歴書の印象も大きく変わります。