【期間工の履歴書&志望動機】- fiba

工場や期間工をやってきた経験をもとに、履歴書に書ける内定フィーバーできる志望動機を考えました。倍率高い期間工の内定もらうなら、履歴書が重要。

【航空機 期間工】大企業三菱でも期間工として働ける!?自動車だけじゃなく飛行機も!

一見すると、期間工と言えば自動車関連と思われますが、三菱の場合は期間工として、航空機も採用しています。

飛行機に関連する部分は、かなり社員が必要となっていますし、開発は常に行っていかないと、なかなか飛行機を世に送り出せないのです。

三菱重工は、エンジン部分の開発などで、多くの社員を求めています。

三菱 航空機 期間工として仕事をする場合は、基本的に期間工の求人を探さないと駄目です。

募集している期間は限定的なもので、一定期間が経過したり、求めている人数に達するとすぐに終了します。

三菱 航空機の期間工は、意外と早い期間でまとまってしまうことも多く、なかなか求人を見つけても応募しづらい面があります。

早く検討しないと、採用されないことは増えてくるのです。

採用されれば、航空機に関連する部品の製造だったり、実際にエンジンの組立を行える仕事などが待っています。

今まで入ったことのない仕事の分野でも活躍できることから、期間工でも非常にいい仕事が期待できるのです。

採用されることを願って、早めに求人を見つけておくことも大事です。

~三菱 航空機 期間工で行っている仕事内容は?~

仕事内容を理解していないと、かなり仕事をするのは難しいです。

しかも航空機という現場ですから、非常に機密事項も多くあり、なかなか情報は求人でも出てこないと言われます。

それでも応募が殺到しているのは、日本が航空機を提供する事業、いわゆるMRJの製造組み立てを行っているのです。

現在は試験飛行などが行われており、まだまだ実際に利用されることはありませんが、三菱 航空機 期間工の力によって、組み立てや部品の製造が行われているところです。
またボーイング787の製造にも力を入れています。

部品の製造を行って、実際に組み立てを行って出荷するまでを担当します。

この中でエンジンの開発をしている会社と一緒になり、様々な展開を行っていきます。期間工はかなり重要な場面を任される可能性も出ており、非常に厳しい内容の仕事ではありますが、航空機の製造現場に立ち会えることとなります。
チームでの製造を行っていくため、自動車関連とは違い、ライン作業では行いません。

そのためチームで何をしていくのかを考えつつ、実際の製造を続けていくのです。

三菱 航空機 期間工もその1人として活動することになりますから、ついていけないと厳しい面もあります。

~三菱 航空機 期間工の待遇面はどうなのか~

期間工は、寮に入って仕事をすることも多くなります。

事実上の住み込みという形で働きますが、本来寮の費用は無料にしてくれることが多いです。

しかし三菱 航空機 期間工の場合は、無料ではなくお金を払わなければなりません。

ここは少しケチなところのように思われますが、その分給料が少しだけ高く設定されています。

もちろんですが、給料の範囲で寮の費用は支払えるので、高すぎると感じることもありません。
休日については、土日にしっかりと確保されています。

平日はガッツリと仕事を行って、休日はゆっくりと休むことができます。

つまり休日出勤を考えることは基本的になく、残業の方を考えて行動していけばいいのです。

期間工の場合は、1人でできることは基本的にないので、チームとして仕事がある程度進んでいけば、問題なく休日の休みは確保されます。

しかも航空機の場合、そこまで急いで作れと言われないので、納期さえ守っていれば大丈夫なのです。
待遇面では、三菱 航空機 期間工はそれなりに良いところもあります。

寮の費用は自己負担となってしまいますが、ある程度高い給料を貰って仕事ができますので、その点は仕方ないと思ってください。

それ以外の待遇はそれなりに良いものがあります。

自動車と飛行機の期間工、それぞれのメリットとデメリットは?

期間工には、様々な取り扱い商品があります。

良く知られているのが、自動車部品の取り付けやプレス、塗装などの仕事ですが、飛行機部品の期間工も最近では増えてきています。

自動車工場では、町で良く見かける自動車の部品を扱うので、身近で、親しみやすい印象がありますね。

自動車工場は、全国各地に多く存在しますが、会社や工場によって、その待遇や給与面は様々です。

また、派遣会社を通しての就業を行うことで、入社祝い金などが変わってきますので、事前に調査をしておいた方が良いですね。

トヨタなどでは正社員登用も積極的に進めているので、長く続けたい人には良い職場です。

飛行機工場は、大手企業のバックボーンがあることから、安心して応募できる仕事です。

また、飛行機の特殊な部品を扱うことで、仕事に対するやりがいも感じられるでしょう。

休日は土日が多く、一般の会社員よりも給料が高いけれど、余暇も充実できるのがメリットです。

技術を磨いていけば、期間工から正社員になることも可能ですが、比較的、難関だと言われています。

 

入社までの流れはどのような感じ?

三菱重工業の飛行機製造に関わる期間工になるためには、まず専属の派遣会社に電話やウェブで申し込みをします。

そこから書類審査があり、その審査に通ると、面接へと進みます。

面接に受かると、次は、派遣先となる三菱重工の面接に行くことになります。

そこで、内定をもらえたら、元気に赴任し、入社となるのです。

つまり、派遣会社が、責任を持って推奨できる人材でなければ、派遣先の会社に紹介してもらうことはできないのです。

その代り、派遣会社の選考を通ることができれば、派遣先の会社に対し、どんな点をアピールしたら良いのかなど、詳しいサポートを受けることができます。

何か不安な点などがあれば、この時点で、派遣会社に相談しておくと良いでしょう。

派遣先への引っ越しは、派遣会社がすべて手配してくれるので、安心です。

 

~正社員に三菱 航空機 期間工は登用されるのか~

最後に、正社員として登用してくれるのかが気になるポイントです。

実は三菱 航空機 期間工の求人には、正社員にすることを考慮して、3ヶ月以上の期間で仕事をしてくれる人を募集しています。

つまり最初から期間工だけで仕事をするのではなく、ある程度の期間が経過して、問題なく働けると思われる人には正社員登用を行ってくれるのです。

これはかなりいい情報ですから、できることなら正社員を目指したいところです。
期間は3ヶ月以上とされていますが、実際には半年後に正社員に登用できるようなら正社員契約へ、それ以外の場合は期間工として仕事を続けるか、契約を終了される可能性もあります。

三菱 航空機 期間工として、ある程度の仕事ができると判断されれば、契約を切られることはありません。

勝手に切られてしまうなら、それは本人に問題があったり、仕事の態度にかなりの問題を抱えている可能性があります。
正社員登用を前提とした求人であることも多く、三菱 航空機 期間工の場合は、正社員への期待も高まります。

この分野でずっと仕事をしたいと思っている方には、かなり狙いやすい仕事になります。

もちろん全員が登用されるわけではないので、後は頑張り次第となります。

~正社員に三菱 航空機 期間工は登用されるのか~

最後に、正社員として登用してくれるのかが気になるポイントです。

実は三菱 航空機 期間工の求人には、正社員にすることを考慮して、3ヶ月以上の期間で仕事をしてくれる人を募集しています。

つまり最初から期間工だけで仕事をするのではなく、ある程度の期間が経過して、問題なく働けると思われる人には正社員登用を行ってくれるのです。

これはかなりいい情報ですから、できることなら正社員を目指したいところです。
期間は3ヶ月以上とされていますが、実際には半年後に正社員に登用できるようなら正社員契約へ、それ以外の場合は期間工として仕事を続けるか、契約を終了される可能性もあります。

三菱 航空機 期間工として、ある程度の仕事ができると判断されれば、契約を切られることはありません。

勝手に切られてしまうなら、それは本人に問題があったり、仕事の態度にかなりの問題を抱えている可能性があります。
正社員登用を前提とした求人であることも多く、三菱 航空機 期間工の場合は、正社員への期待も高まります。

この分野でずっと仕事をしたいと思っている方には、かなり狙いやすい仕事になります。

もちろん全員が登用されるわけではないので、後は頑張り次第となります。

まとめ

期間工は大手自動車メーカー関連だと思われがちですが今回のように三菱などの大企業も期間工を募集していることがお分かりいただけたと思います。

しかも三菱は航空機の製造組み立てを行っているため航空機が好きな方、自動車の組み立ては飽きてしまった、そんな方にはかなりおすすめの職場です。

是非一度、三菱 航空機の期間工の求人探しをしてみてはいかがですか?