【期間工の履歴書&志望動機】- fiba

工場や期間工をやってきた経験をもとに、履歴書に書ける内定フィーバーできる志望動機を考えました。倍率高い期間工の内定もらうなら、履歴書が重要。

アウトソーシングを使った契約社員の魅力を探ろう!

昨今、若い人たちを中心に話題となっているアウトソーシングを使って入社する契約社員。

一体、どんな契約社員なのでしょうか?アウトソーシングとは、派遣会社のことですが、派遣会社から派遣先に送られて、契約社員として、仕事をする人々が多くいます。

彼らの派遣先は多岐にわたりますが、最近、最も人気となっているのが、自動車工場での契約社員、通称期間工です。

アウトソーシングの契約社員は、通常の形で自動車工場に就職をするよりも、かなりの好条件で勤務に就くことができます。

また、様々な業種の会社へも派遣を行っているので、自分に合った仕事を探すことができます。

派遣会社に登録をすることで、契約は派遣会社になりますので、派遣先の会社での勤務には、完全なサポート体制が取られています。

事前に派遣先の会社のことや、仕事内容、給料面、寮での生活など、あらゆる相談をすることができます。

また、派遣先となる会社の報酬のほかに、入社お祝い金などが付加されるのも、アウトソーシング契約社員の魅力ですね。

◇そもそもアウトソーシングの契約社員って、他の社員とどう違うの?

f:id:connectconnect:20170615102206p:plain

アウトソーシングというのは、派遣会社のことです。ここではアウトソーシングの紹介で期間工になった人をアウトソーシング契約社員として説明しましょう。

契約社員は、期間限定で仕事をする人々のことですが、派遣先の会社によっては、延長で再契約を要望してくることもあり、自分に合った仕事であれば、長く続けることも可能です。

アウトソーシング契約社員は、実に多くの働き先があります。

優良会社の派遣社員として働けるので、途中で会社が倒産するなどのリスクも少ないですね。

また、万が一、派遣先の会社での勤務がなくなってしまった場合にも、派遣会社が次の就職先を提供してくれるので、安心した毎日を送ることができるのです。

アウトソーシングの契約社員だと、会社での待遇がどうなのか、不安に思う人もいるようですが、一般の従業員と比べて、時給額や月収が多いことがほとんどです。

貯金をするために、あえてアウトソーシングの契約社員をしているという人もいるくらいです。

一定の期間で大きな貯金をして、将来の人生設計に役立てる人が多いのも特徴ですね。

◇アウトソーシングの派遣先はどんなところが多い?

アウトソーシングが抱える会社は多種多様あります。

中には、ひとつの会社の専属になっている派遣会社もありますが、ほとんどが様々な会社、様々な仕事を紹介しています。

昨今では、そんな中でも自動車工場がとても多くなっています。

自動車工場は、年々増え続ける生産量になかなか人手が追いついておらず、アウトソーシング契約社員が大きな力となっているのです。

3か月、6か月と様々な契約期間がありますが、その期間を満了して、長く続けることで、慰労金報酬金が増えていく会社が多いのが特徴です。

自動車本体だけでなく、自動車部品の工場も大きく発展しているので、まだまだ需要は高まっていくはずです。

自動車関係の工場のほかに、女性に人気の食品工場にも多くのアウトソーシング契約社員が存在しています。

食品工場では、食品加工や生産出荷準備、製品化などが仕事として挙げられます。

清潔な工場で、力仕事ではない作業が多いため、女性の契約社員が楽しみながら、勤務している姿が見られます。

料理が好きな人などは、ここで知識を得て、将来、管理栄養士を目指す人もいるのです。

◇アウトソーシング契約社員は毎日どれだけ働くの?

派遣先の会社によって、また、その作業場所での勤務体系によって、働く時間は様々です。

寮完備の工場は、交代勤務が一般的で、昼勤、夜勤が組み合わされる形です。

その中で、一日の就業時間は、ほとんどが実質7時間から8時間となっており、お昼休憩を含め、数回の休憩時間が取られます。

2時間ごとに休憩をはさむなど、従業員の体調管理を考慮する会社が増えています。

休日に関しても、交代制で取るところと、固定休日を設けているところがありますが、基本的には交代勤務なので、順番に休日を回している会社がほとんどです。

トヨタなどの大手企業は、土日を基本的に公休日としているところも多く、他の一般の会社員とあまり差異はありません。

アウトソーシング契約社員の人たちは、主に貯金ができることをメリットとして挙げていますので、自ら残業を申し出る人も多いのです。

残業することで、さらに様々な手当てをもらい、貯金額を増やしている人もおり、人によって、毎日の就業時間はまちまちです。

◇アウトソーシング契約社員のお給料が良いと言うのは本当なの?

アウトソーシング契約社員は、一般の会社員よりも月収が高いと言うことは、今や周知の事実かもしれません。

派遣先への引っ越し代金や交通費など、入社する時の負担は全くありません。

むしろ、派遣会社を通しての契約社員ならではのお祝い金が出たり、月収が他の従業員よりも高額だと知られています。

期間工として、働くために、冷暖房、家具、必要家電なども完備した寮が用意され、毎日の生活にかかるお金はほとんどありません。そのため、働けば働くだけの金額を貯金できることになります。

通常の月収の他に、深夜手当や残業手当、さらには慰労金や報奨金などがついて、3か月で100万円以上稼ぐ人がほとんどなのです。さらに、一度の契約期間を満了となり、新たに再契約をする時には、経験者としての手当てがつき、給料自体が上がるのです。

目標を持って、仕事をしたい人にはお勧めの就業体系と言えるでしょう。

まとめ

アウトソーシングが話題になったきっかけは、一般の会社の従業員がいきなり解雇されたり、自分が思っていなかったような仕事を強要されたりする事態が多くなり、好きな仕事を期間を決めて働くという契約社員の存在がクローズアップされたことでした。

当時は、一度入社した会社を辞めることに抵抗があり、そのことで不安や悩みを抱える人が多くいました。

アウトソーシングが人気になった理由は、自分らしい働き方を探す人々が増えたからです。

自分から条件を提示し、それに合った仕事をマッチングしてくれるのが派遣会社でした。

そんな派遣会社が大手企業に契約社員として、能力のある人々を送り込むことで、企業側も大きな力を得たのです。アウトソーシングの契約社員は今や日本にとって、なくてはならない存在となりました。

あなたも一度、アウトソーシングを使って期間工を経験してみてはいかがでしょうか?